この記事をシェアしよう!

*この記事は旧ブログ「問題解決中」の記事と同じです。リンクを下さっていた方はこのブログのアドレスに設定し直してくださると助かります。

問題を解決する方法には様々なものがありますが、やってはいけないのは、「問題について思い悩む」という方法です。

悩んでいるとついつい問題やその問題が生み出す悪い影響を考え、更に悩むことになります。

放っておくとずっとその問題のことばかりを考えてしまいます。

 

しかし、いくら悩んだところで問題は解決しません。

時間が解決してくれる問題以外は、自ら解決策を考えるか誰かに解決策を考えてもらって問題を解決するしかありません。

 

 

さて、技術に関する問題解決で一番スマートな方法は、IFR(理想的最終解)を達成することだと思っています。

これは、「そのままで何もプラスしないのに理想とする効果が現れる」状態です。

これを達成出来るのはレアですが、達成出来ればこれほど感動できる問題解決手法はありません。

この方法で解決された技術的問題は、イノベーションを引き起こします。

 

この状態を非技術分野でも達成できないでしょうか。

 

「理想を思い描く」という作業は、一種の妄想です。

このパワーを利用できればアイデアが湧いてきます。

 

では、どうすれば妄想を生み出すことが出来るのでしょうか?

 

答えはいろいろ考えられますが、欲望を高めてみてはどうでしょうか。

 

欲望によって生み出された妄想のパワーには計り知れないものがあります。

「無いものに憧れ追い求めること」をエロスといいますが、これは性的な事柄について触れるときによく使われる言葉です。

「あいつエロいな」なんてよく言いますよねw

別にいやらしいことだけではなく、真面目なことにも使います。

憧れの職業に就きたいと思い描くこともエロスからくる妄想です。

そして、この妄想のおかげで人は頑張ることが出来ます。

 

憧れの達成は技術的な問題解決と基本は同じだと思います。

 

まずは、理想の状態を全て書き出します。

 

次にその理想を実現するために何が必要なのかをリアルに思い浮かべます。

リアルに妄想すればするほど問題解決策がリアルに湧き出てきます。

 

たとえば、理想が「両親も一緒に家族で住めるマイホームが欲しい。」だったとします。

 

そのためにはどうすればいいのでしょう。

 

今現在の貯金では少額の頭金は出せるけど、30年ローンなんて嫌だな。

子供はまだ1歳だし、家中の柱に落書きされるに違いない。それなら子供が小学生になってから買えばいいか。

それまでにもうちょっとお金を貯めておきたいな。

嫁さんにも働いてもらうか。

でも、子供が小さい今、フルタイムで働けないよな。

パートに出てもらうか。

でも小さい子供を抱えたまま出来る仕事ってあんまりないよな。

sponsored link

じゃあ節約を頑張ってもらうか。

俺自身も節約しないとな。

タバコかパチンコどちらかをやめてみるか。

思い切って両方辞めるのもいいかもな。

そしたらそれをみて嫁さんも「私も新しい服を買うの我慢するわ」なんて言うかもな。

嫁さんには浮いたお金で株に投資でもしてもらうか。

意外とそういうの才能あるかもしれない。

女の人は株主優待とか好きだし楽しんでやってくれるかもな。

俺みたいにパチスロをやられるよりはずっといい資産運用だよな。

チリも積もればなんとやら。

子供が小学校に上がる頃には結構な額の貯金ができているかもな。

 

・・・というわけでこの男性がマイホームを持つには趣味のパチンコとタバコを辞めて奥さんに株を始めてもらうというのがいいということがわかりました(?)

 

私も昼間っからよく妄想しているのですが、その妄想はあまり欲望に基づいたものではありません。

 

目は開いていても何かを見ているわけではなく、現実には存在しないものを妄想しています(怖いよっ)。

 

周りから見たらただの変態ですが、本人にとっては幸せな一時です。

ただ、これからはもうちょっと肉食系になって妄想してみようかなと思います。

そうしたら、思考は現実化するかもしれませんね。

sponsored link