この記事をシェアしよう!

とんでもない薬が発明されました。

発明の名称は、「巨人化薬」。

 

特許庁のウエブサイトによると、発明者は、グリシャ・イェーガーとなっています。

日本人の名前ではありませんね。

 

国際特許出願です。

 

発明の詳細な説明を見ると、エレン・イェーガーという人を実験台にして開発したようです。

 

 

発明の図も添付されています。

これです。

巨人になる薬
巨人になる薬

見た目はキノコのようですね。

sponsored link

これを食べると大きくなれるのでしょうか。

 

共同発明者として、マリオ・福田の名前も載っていました。

意匠登録もされているようです。類似(ルイージ)デザインの商品を販売されないようにするためです。

 

 

特許明細書の発明の詳細な説明には、

「キノコの右側をかじると大きくなり、左側をかじると小さくなる」とあります。

どうやって右側と左側を見分けるのでしょう・・・。

「指を噛むとたまに大きくなれる」と説明は書いてあるのですが、難しすぎて私には理解出来ませんでした。