この記事をシェアしよう!

minnneやiichi、メルカリ、creemaといったインターネットのサイト上で個人がハンドメイド品を気楽に売り買いする機会が増えました。

 

これにより、ハンドメイド品を創るのが得意な人が収入を得る機会が増え、消費者も一点ものの手作り品を手に入れることができるので、私達の生活がより便利になります

(ちなみに私は縫い物が面倒なのでいつも子どもたちに必要なものはバザーなどで手作り品を買わせてもらっております・・・。だからハンドメイド品の販売はなくなってほしくないです)。

 

しかし、そこで気になるのが著作権を始め、知的財産権の侵害にならないかという問題です。

ハンドメイド品を売りたいけれど法律違反が怖くて販売できない・・・

 

そんな人はインターネットでいろいろと検索してハンドメイド品販売が違法になるかどうかの情報を得ようと努力しているはずです。

 

しかし、ハンドメイド品に関する法律について記載しているサイトの中には、法的根拠に欠けており、間違いが目立つものもあります。

 

また、「著作権侵害になる危険性が高いから止めておいたほうがいい」と結論づけて、正確な法律の説明から逃げていることもあります。

 

しかし、ハンドメイド作家さんが求めているのはそんな結論ではないはずです。

 

「他者に買ってもらえると嬉しいから安くても売りたい。」

法律違反にならない範囲でハンドメイド品を販売して利益を得たい。」

 

というのが出品者の願いだと思うのです。

 

そこで、ハンドメイド品を出品しているハンドメイド作家さんのために、法律違反にならないでハンドメイド品を販売できる方法についてご説明したいと思います。

 

なお、今回は法律を学習している人に向けて書いているわけではないので、専門用語は使わず、わかり易い言葉に置き換えて説明しています。

 

詳しい法律については知財の知識を御覧ください。

 

また、この記事を見てもまだ問題が解決しない場合には、メールやコメント欄から私に直接質問をしてくださっても構いません。

既に警告を受けちゃった!という人には弁護士を紹介します(無料です)。

しかし、まだそのような段階にいない人は、この記事を読んで法律違反にならないようにしてください。

侵害を未然に防ぐのが最も無駄のない方法です。

 

 

では、法律違反にならない範囲でハンドメイド品を販売する方法について説明していきます。

 

どんな行為が著作権の侵害になるか

 

1.市販されている生地を使って作ったハンドメイド品を販売したら著作権侵害になる?

 

まず、前提として、市販されている生地はチェック柄や水玉模様など余程ありふれている模様でない限り、著作物である可能性が高いといえます。

たとえば、手芸用品売り場でよく見かけるマリメッコやリバティの生地はそれ自体が著作物である可能性があります。

 

では、それらの生地を加工してオリジナルグッズ(たとえば、バッグなど)を作った場合、著作権侵害となるのでしょうか。

 

この場合、実は、著作権の侵害にはなりません

 

ですから、著作権侵害を理由に訴えられる可能性はありません。

 

(一方、買った生地ではなくて、自分でデザインした生地を使ってハンドメイド品を創る場合には注意が必要です。が、わざわざ生地を手作りする人はいないと思うので説明を省きます)

 

ただし、著作権の侵害にはなりませんが、ブランドの大元がハンドメイド品の販売を禁止している場合には止めておいたほうが無難です。

全く関係のない第三者から誹謗中傷を受ける可能性が高いからです。

 

たとえば、sousouやリサ・ラーソンやソレイアードは市販されている生地を利用してのハンドメイド品の販売は一切禁止としているようです。

 

上述したように著作権の侵害とはならないのでsousouやリサ・ラーソンの生地を使ってハンドメイド品を販売しても著作権違反として訴えられることはありませんが、公式でそう言われているのなら止めておいたほうが無難でしょう。

 

一方、リバティやBRITA、キャスキッドソンは、たとえば、「キャスキッドソンの生地を利用した手作りバッグです」というような記載をすればハンドメイド品の販売はOKとしているようです(太っ腹!)。

 

全てのブランドがこのような扱いをしてくれればいいのですが、必ずしも「正規品ではありません」と販売者がワザワザ書いてくれるとは限らないので仕方がないのかもしれませんね・・・。

 

 

2.手芸等の本の説明に従って制作した商品を販売する行為は著作権侵害?

 

いわゆるレシピ本と呼ばれる手芸の説明本を見ながら作ったハンドメイド品を出品するということもよく行われると思います。

 

このような行為も著作権侵害にはなりません

 

そのレシピ本に書いてある文章や画像をコピーして販売することは著作権の侵害になりますが、本に書いてある説明に従ってハンドメイド品を作ることは著作権の侵害にはならないのです。

 

 

著作権の侵害にならなければいいの?他の法律違反の危険性

 

上記したようにいずれの行為をしても著作権違反であるとして法的責任を負う必要はありません。

 

 

しかし、著作権法以外の法律違反になってしまう可能性があります。

 

実用新案権の侵害

たとえば、レシピ本を作ってハンドメイド品を制作した場合、著作権侵害にはなりませんが、もしそのレシピが実用新案登録されていた場合でまだ実用新案権の存続期間内にある場合には実用新案権の侵害となってしまう恐れがあります。

 

なお、実用新案権の侵害であることを避けるためには、予め実用新案権の存在を調査すれば良いのですが、一般の人には少し困難だと思います。

 

どうしてもその作品を真似て作りたい場合には調査をしてから販売することになりますが、調査費用等を考えるとそこまでして販売する価値はないと思われるので、ある程度複雑なレシピだなと感じたら完全に真似をするのは避けて、違う要素をたくさん加えたり一部の要素を削除して自分オリジナルにしてしまうと良いでしょう。

sponsored link

 

なお、たとえ実用新案登録されているものでも、「公的に権利が認められた絶対的な権利」ではありませんので、たとえ権利者から「実用新案権の侵害だ」と訴えられたとしても必ずしも差止請求に応じたり損害賠償金を支払う必要はありません。

 

ただし、本当に実用新案権を侵害している恐れもあるので、もし訴えられたら、すぐに専門家に相談しましょう。
対応に時間がかかるほど損害額が上がっていきます。

 

意匠権の侵害

デザインを守る法律は著作権法ではなくて意匠法です。
したがって、有名なブランドの多くは意匠権で保護されています。

 

有名ブランドのバッグなどデザインを真似した品を販売した場合にはたとえ個人でも意匠権侵害の責任を負わなくてはいけません。

 

商標権の侵害

ブランドロゴにそっくりなロゴをハンドメイド品にあしらっていたりした場合は、商標権の侵害となります。
有名キャラクターの姿や漫画の題名などを生地に使った場合は高い確率で商標権の侵害となるので気をつけてください。

リメイク品も危険です(ちなみに私は昔、ブランド品のリメイク品をもらったことがありますが、「こんなの作った」と無料で貰ったので許容範囲内でしょう)。

 

そして、商標権を侵害した場合には、著作権侵害のときよりも賠償金の額が大きく、また裁判になったら負ける可能性が高いといえます。

 

また、商標権の侵害にはならずとも、”なんとなくディズニーっぽかったりアンパンマンっぽいキャラクターを使ったデザイン”の生地やぬいぐるみなどを創ると不正競争防止法違反になる可能性が高くなります。

 

とにかく、顧客吸引力のある有名キャラクターや有名ブランドには近づかないことが懸命です。

 

法律違反にならないでハンドメイド品を販売できる方法まとめ

 

・市販されている生地を使ってハンドメイド品を作る場合には公式サイトの使用規約を読みましょう。

 

・ハンドメイドのレシピ本を参考にしながらハンドメイド品を創る場合には著作権ではなく実用新案権と意匠権の存在に気をつけましょう。調べ方がわからない場合は本に書いてあるものとは大幅に変えた方が無難です(色を変えた程度では駄目です)。

ごく基本的な作り方の場合には実用新案権も意匠権も存在しないでしょうからそこまで気にする必要はありません。

 

 

基本的にハンドメイド品を販売するときに著作権侵害が問題になることは想像よりも少ないと言えます。

 

 

それよりも、実用新案権や意匠権、商標権といった他の知的財産権の侵害に該当することが多いので気をつけなくてはいけません。

特に商標権に関しては一番気を使ってください。

商標権の侵害というのは、ブランドのロゴを自分の作品に付けてしまうことなどです。

 

エルメスだろうがスタバのマークだろうがブランドのロゴなどがついているとお客さんはほしいと思ってしまいます。

それでは、お客さんはあなたの作品ではなく、有名ブランドを欲しがっているだけです。

そんな作品を販売するのは法律違反ですし、作る方としても自分が認められたわけではないのですから嬉しくないですよね。

 

たとえ、「他の人もやっている」「少ししか売らない」からといって気軽にハンドメイド品を販売していると、ある日突然知的財産権の侵害として警告状が届くことになるかもしれません。

 

なお、法律違反にはならない場合でも、なんとなく気分が悪いという理由で一般の人が著作権侵害であるとして公式に訴えたり販売者にネット上で攻撃を仕掛ける例も横行しているようです。

 

全く無関係の第三者から名誉毀損とも思えるほど辛辣なコメントを浴びせられ続けると、「ちょっとお小遣い稼ぎをしようかな」と思って登録しただけのハンドメイド作家さんは精神的に大きな傷を負ってしまうでしょう。

 

したがって、たとえ他の人がやっていても、自分は大丈夫と思わずに、倫理的に許されないかもしれないと思うことはしない方が無難でしょう。

 

また、法律違反をしているハンドメイド作家さんを発見した場合でも、怒りに任せてコメントをするのは避けて、淡々と「知的財産権の侵害になるようです」と法律に基づいて削除を要請すると良いでしょう。

一般の人がそんなコメントをしても聞かない人もいるので、その場合にはこのブログにこんな説明が書いてあったとリンクしてくださっても構いません。

 

ハンドメイド品は作る人も買う人も気分が良くなるように、無用な争いを事前に避けられるようにしたいものです。

 

ハンドメイド作家さんも自分のオリジナルの作品をどんどん作っていきたいですね。

「あなたの作品だからほしい!」といって買ってもらえると最高ですよね!

sponsored link