この記事をシェアしよう!

*この記事は旧ブログ「問題解決中」の記事と同じです。リンクを下さっていた方はこのブログのアドレスに設定し直してくださると助かります。

trizの発明原理では、矛盾マトリクスに当てはめて効果的な発明原理を抽出します。
ところが、発明原理には空白(抜け)があります。
せっかく上手くマトリクスに当てはめても、空白だったときの虚しさは、心の中に寒い風が吹くようです・・・。

しかし、実は現在では、この「抜け」が埋められている矛盾マトリクスが存在します。
その名も「新版・矛盾マトリクス」

ダレル・マン氏による本です。
私は中川先生の本だからという理由で問答無用で買いましたが、矛盾マトリックスも非常に充実していて素晴らしい本です。

以前から何度もお勧めしているこちらの本は読みやすいのですが、矛盾マトリクス自体は古いです。

ダレル・マンと中川徹先生の本の新版矛盾マトリクスは非常によくできているので古い矛盾マトリクスの抜けが気になる方にはお勧めします。私は付属のポスターを壁に貼っています。
高いのが玉に瑕なんですけどね(^^;

sponsored link

sponsored link