この記事をシェアしよう!

長らくおまたせしました。メインサイト(知財の知識)は一週間ぶりに復旧いたしました。
大変ご不便をおかけしましたm(_ _)m
昨日からもう閲覧できるようになっております♪

 

ところで、一週間も閲覧不可能状態になっていたせいか、昨日から大量にコピー通知が来ます(笑)
普段は一日5,6件程度なのですが、2日間で100件を超えました。
「このサイト見れなくなるから今のうちにコピーしておかないと!」と思われたのかな?
もう大丈夫ですよっw

 

さて、ここからは復旧の話なのでブログを書いていない人には全く関係のない話になります。

 

私は長年ワードプレスでいろいろなサイトを運営してきたのですが、半年くらい前にハッキングにあって、ブログを一つ潰してしまいました・・・。どうでもいいことを書きなぐることが多かったブログなのでまあいいや、と思っていたのですが、アクセス数やコメント数はかなり多かったので今から思えばもったいない事をしてしまったと後悔しています。

知財の知識もハッキング被害にあってしまいました。 こちらは一記事一記事丁寧に書いてきたサイトなので絶対に潰してはいけない!と思い、頑張って復旧作業を行っていました。
PHPの知識もないくせに見よう見まねで復旧するのはかなり無謀です(過去にワードプレスを始めたばかりの頃は勉強したけれど、もう忘れました・・・)。

 

しかし、私の頭には「他人に頼る」ということが完全に抜け落ちていたために、ずっと一人で作業を行っていました。

 

3日経つ頃には疲れ果てて、たまたまネットサーフィンをしているときに見つけたブログの管理人さんに復旧作業を依頼することにしました。
プロなら3日もあれば直せてしまいますし、復旧してもらえるのなら多少の出費は痛くありません。

 

その人は丁寧に返信してくださって、ダッシュボードのパスワード等を知らせてくださいと言ってきたのですが、ダッシュボードにも入れない状態だったので、「ftpのパスワードをお知らせすればいいですか!?」とメールしてしまいました。
そんなメールを受け取って、「どれだけ酷い改ざんにあっているんだ・・・」と戦慄を覚えたのでしょうか。一日ほど返信がありませんでした。(いえ、責めていません!土日でしたし!)
その間に私はひたすらftpをいじっていました。

 

そして・・・どうにかダッシュボードには入れるようになりました。

その時点で再び先程のブログの管理人さんにメールしました。

 

しかし、その方からの返信は「何も異常はありませんよ」でした。

 

いや、まさか?!私ごときに直せるわけがない!と思ったので「どこかに異常があるはずです!」と無茶振りをしました。

 

しかし、「いえ、大丈夫そうです」

 

とのことなので恐る恐るテーマを入れ替えたりした結果・・・

 

今に至ります。

 

 

どうやら自力で直すことができたようです。

 

いや、もう素人がPHPを触るのは怖いのなんの。

sponsored link

でも、ワードプレスでサイトを運営している以上、これくらいはできるようになっていなくてはいけませんね・・・。

 

それにしても迷惑なメールを突然送りつけてきたのに丁寧に対応してくださり、本当に良い人に出会ったものです。

 

ネットでもこんな出会いがあるのね。と考えたときにふと思いました。

私もよく知らない人から法律について質問を受けます。
それに対して質問者さんが納得いくまで丁寧にお返事するためか、非常に感謝してもらえます。
無料で相談を受け付けているというのも影響しているのでしょうが。

 

今回私が経験したことっていつもしていることの反対だなと思うと、なんだか可笑しくなりました。

 

で、自分が質問者さんにしてもらいたいことって感謝の言葉以外に何かなと考えたら、「お礼の記事」だな、ということに思い当たりました。

 

そう、サイトを運営している者としては、直接メールで「いつも見ています。」「勉強になります」「あいぴーちゃん可愛いです」(笑)との言葉をいただけるのはもちろん嬉しいのですが、相手の方がブロガーさんだったときに、記事の中でサイトのことなどを言及してもらえると嬉しいんですよね。

 

というわけで、ちょっとだけメールでやり取りしただけの方でしたが、こうして記事にさせてもらいました。

 

もしあなたもワードプレスを運営していて困ったことがあったら、プロにお願いしてみてはいかがでしょうか。

え?自力で直せたんだから福田に聞いてみよう?

 

それは心からお勧めしません(笑)

sponsored link