主に知財。たまに問題解決

主に知財の話をしています。それから問題解決も。旧ブログ「問題解決中」と重複

「弁理士試験」の記事一覧

平成28年弁理士試験短答問題3

優先権についての問題ですね。長〜い但し書きがあります。始めて見たときはこんな但し書きを読むのにも時間がかかってしまいますが、慣れれば一瞬です。本当です。   この問題は「正しいものはどれか」問題なので、消去法で […]

弁理士短答平成28年度第2問

弁理士短答平成28年度第2問は、実用新案法の問題。 正しいものはいくつあるか問題です。 いつものとおり、ただ解いただけでは駄目です。しっかり根拠条文を学び理解しましょう。   まずは枝の1。   特許 […]

審決等取消訴訟の勉強

審決等取消訴訟についてよくわからないという質問があったので、最も基本的かつ頭から抜け落ちやすいことを記載しておきます。   まず、審決等取消訴訟は、直接的に特許の有効・無効を判断するものではありません。 審決に […]

条約と弁理士試験

PCT、なんだか難しくて避けたいと思っている弁理士試験受験生はたくさんいると思います。  PCTの規則は頻繁に改正が行われるため、弁理士試験受験生泣かせの分野です。しかし、規則はともかく、国際出願の流れというものをしっか […]

経済産業省令で定める期間とは

弁理士試験の勉強をしていると、たまに、「経済産業省令で定める期間」という言葉に出くわすかと思います。 そして、その「経済産業省令で定める期間」とやらを調べようと思って法文集をめくっても、よくわからない、ということもまたよ […]