トピック 3: あれやこれはどう感じる?あれやこれはどう見える?

(システムのプロパティ)

レッスン 1.
1. 準備 (一年生のための索引)
2. 宿題のチェック
3. レッスンへの手引

“はい・いいえゲーム”
シェア・ギブはエミールになぞなぞをだしました。
小さなものが黒い箱の中にあります。これは何でしょう?
(エミールは魔術師シェア・ギブに3つだけ質問をすることができます)

独創的なエミールを描いてみよう。

 

 

4. 主題

プロパティは変わることの出来るシステムの特徴です。システムの特徴は変えることが出来ます。一つのシステムは他のシステムのプロパティとは違います。たとえば、全てのシステムには部分に分かれるプロパティがあります。

以下の説明が現すものを書いてください。:

 

白、長方形、小さい、跡が残る:
________________________
白色、薄い、しわくちゃ:
_____________________
丸い、絵柄が付いている、チャリンとなる、崩すことができる:
_________________________
長方形、柔らかい、白い、鉛筆の跡を消す:
_______________________
長い、輝いている、鋭い、固い:
__________________________

 

各描写は心の中にあるシステムを示唆しています。なぜ生徒は特にそのシステムを挙げたのか説明することが重要です。

 

魔術師シェア・ギブの全てのなぞなぞを解くために、システムの変わりうるプロパティについて思い出さなければいけません。

(カードの最初の型の索引)

 

5. 心理学的発達ゲーム

今からやるゲームは「それは誰?誰に似ている?」です。

 

みなさんはそれぞれ一匹の動物の絵を持っています。しかし、私の絵には動物も鳥も魚も昆虫も描かれていません。

私の絵には、コラボと呼ばれる雲が描かれています。

 

コラボは私達のゲームのために来てくれました。
コラボは誰か自分に似ている人とゲームをします。

 

たとえば、犬とコラボに共通することは何ですか?

 

– 犬は雲みたいにふわふわ。

– うさぎはどうですか?

– コラボはうさぎみたいに白い。

– うさぎとライオンで共通することは何ですか?

– どちらも丸い目をしている。

– 他に丸い目をしているのは誰ですか?

– 大体みんなそうだね。

 

グループに分かれましょう。

トゲトゲしている動物のカードをあげてください。

次に、ふさふさしている動物のカードをあげてください。

(実際問題として、すべての動物がほとんど何かしらのプロパティを持っていることを発見します。)

クラス(個人で、みんなで、グループで)に特有の特徴を考慮に入れてゲームをする方法を選びます。

もう一つの方法もあります。

同時に生徒たちに3から4枚のシステムを表しているカードを見せて、生徒たちにそこに属しない物を見つけるように言います。

ルールとして、どんな物も線を引いて消しても良いとします。

 

生徒たちは、(特定のシステムを他のシステムと異なるものとしている)プロパティを指し示すことが重要です。

 

6. スピーチスキルの発達又は創造的な製品の生産

今日私はあなた達のためにたくさんのカエデの葉っぱを買ってきました。

(3人から4人で構成されているグループは山盛りのカエデの葉っぱをもらいました)

葉っぱをよく見てください。そして、2つの同じ葉っぱを見つけてください。

また、2つの全く同じパターンも見つけてください。

 

 

さあ、何かに気づきましたか?

(私たちはそっくりなカエデの葉っぱの中から、ほんの些細な違いを見つけます)

 

 

まとめましょう。

 

全く同じものは2つとありません。

全ては個性的なのです。

そして、あなたたち全ての見ている世界や意見もまた、違うのです。

 

さあ、全く違う2枚の葉を見せてください。

(私たちは全ての葉っぱの類似点の些細な特徴を見つけます)

sponsored link

 

– 全ては似ています。全てはカエデの木から落ちてきました。

– もちろん、全く類似点が無いものなど、この世にはありません。

 

この作業は家庭で保護者と共にするのも良いでしょう。

私達が持っている物はどんなプロパティを持っているか、そして何に似ているかについて知ると、その物についてのたくさんのなぞなぞを作ることが出来るようになります。

 

どんな種類の?

どこが似ている?
.
.

 

どんな種類の?
どこが違う?
.
.

 

どんな種類の?
どこが同じ ?
.
.

 

もちろん、子供にとっては一度で3つの図を埋めるのは困難でしょう。そこで、レベルが上がるに連れて次々と図を使うようにした方が簡単でしょう。そのようにして、プロパティのトピックを繰り返します。

 

7. まとめと同時に

生徒たちにはプロパティの具体的な表現については聞いてはいけません。もっと重要なのは、生徒たちが いろいろなシステムについてできるだけたくさんのプロパティを見つけることを学ぶことです。

 

レッスン 2.

1. 準備 (一年生のための索引)
2. 宿題のチェック
よく考えてシステムのプロパティの名前を付けた生徒は座って良い。
3. レッスンへの手引
どんなプロパティが見つかるかな?
4. 主題
システムはたくさんのプロパティを持っている。幾つかについて詳しく考えてみよう。

 

これはピタゴラスによって作られたなぞなぞです。

あなたが見える物の形に名前を付けてください。


形を丁寧に切り取ってください。

 

四角に折ってください。

家の中はとても静かでした。レッスンに疲れたエミールは6時頃には寝ようと思いました。それから、寝過ごさないように目覚まし時計をいつものように7時にセットしました。

 

夜が過ぎました。

目覚まし時計が鳴りました。

エミールは起きて着替えました。

「どれくらい寝ていたのだろう?」とエミールは思いました。

 

あなたはどう思いますか?

 

エミールはとても早く起き、窓の外に素晴らしいものを見つけました。

色の着いたボウ(弓)が川の上にあります。一体何でしょうか?

 

レインボウ(虹)!

 

虹は何で作られていますか?

 

 

かざみどりが –
.
だいだいだーい好きな-
.
赤ちゃんの名前は –
.
たむらさきちゃん。 –
.
きみに –
.
あいに行くよ。-
.
明日あおうよ。 –
.
虹の絵を描こう。

 

[翻訳者福田による注意書き:ロシア語をそのまま訳しても日本語では意味が通じないため日本語の別の言葉を用いています。]

 

6. スピーチスキルの発達と創造的な製品の生産

この図には4つのプロパティがあります。それによりどんなものでも見分けることができます。
見てください。:

 

1 – 大きさ; 2 – 色; 3 – 形; 4 – 温度

どんな物なのかを見せるために、私たちは大きさや色、形、そして温度を指定します。
さあ、目盛りを動かし、この不思議な物は何を持っているかお見せしましょう。

 

たとえば・・・
20センチくらい 黄色っぽいオレンジ 丸っこい  温かい

 

それはパン?

違うよ。
それはおもちゃ?
違うよ。
それは生きてる?

うん。

ヒヨコかな?

違うよ。

子猫かな?

そう。やったね!

 

7. まとめ

生徒たちが問題を解決するために様々なシステムのプロパティに関する知識を使うことを学んだかどうかを見てください。