この記事をシェアしよう!

トピック1. あれやこれは何から出来ている?
(システムは全体であり、部分で構成されている)

 

お花の国では、生き物は次のような神秘的な描写で登場しています。

 

”レンガの上に2枚の布がぶら下がっている。
そこには怖がらせたり食事をするのためのナイフがある。
その間にはピンクの葉が見える。
一番端には黒い輝くボタン。
あなたが望むなら、すべてが意味を持つだろう。
4つの毛状の柱の上に置かれた梁がある。小さな樽とエンジン付きのほうきもある。
すべては絨毯で覆われている。

 

さて、この奇妙な生き物は何でしょう?”

 

このなぞなぞを解き、また、同じようななぞなぞを作るためには、悲しい絵の中に陽気な春の太陽を見ることができる「小さな人」の助けが必要でしょう。
「小さな人」は誰にも気づかれない方法で見慣れたものを描くことができます。
彼は、喜びや悲しみを得るために色を混ぜることができます。*

 

この画家の名前を思い出してください。

 

*1.(翻訳のための注意書き)重要:子供用のワークブックの中では、普通の書体で書かれている文章は子供への直接のメッセージと指示です。斜体で書かれている文章は先生のセリフや指示や上演の要約です。

 

テーブルに置かれているペンを分解してください。

いくつかの部品に分かれましたね。

それぞれの部品では文字を書くことはできません。

しかし、部品をもう一度組み立てれば、何かを描くことができます。

 

システムは全体であり、部分で構成されている。

システムは、個別の部分によって実行することができないような作業を実行することができます。
このようなシステムを書いてみてください。 または描いてください。

 

システムではないものを見つけましょう。

 

システムの部分は下位システムと呼ばれます。

システムについて考えてみよう。

どんな下位システムで成り立っている?

下位システムの名前を書いてみよう。

下位システムを絵に描いてみよう。

 

図表の左側を埋めてみよう。

私たちは神秘的な描写について準備出来ていますよ。

 

なぞなぞを聞いてください。

sponsored link

さあ、画家についてのなぞなぞを解く時間です。
下位システムの名前を書いてください。

 

レンガ

二切れの布

たくさんのナイフ

ピンクの葉っぱ

ボタン

4本の柱

小さな樽

エンジン付きの箒

絨毯

 

不思議な生き物の絵を描いてみよう。

 

レッスン2*2
*2 (翻訳のための注釈:) トピック1のレッスン2はここから始まります。思い出してください。レッスンは子どもたちのために作られたものです。子どもたちはレッスン1とレッスン2の明確な区切りは必要としません。

 

エミールは猫を成り立たせている部分を文字に描くか絵に描くように言われました。

 

システム

下位システム

下の2つの図表を自分で埋めてみましょう。

 

なぜエミールはいつも簡単にこのようななぞなぞを解いてしまうのかわかりますか?
彼の魔法使いの友達シェア・ギブは全ての物をくっつけたり分解したりすることができます。

 

魔法使いのシェア・ギブが図表を埋める手伝いをすると、いたずら好きなエミールは、おかしな話をまた始めます。魔法使いはエミールが違う動物の部分をごちゃまぜにしたことに気づきませんでした。

 

シェア・ギブが創った素敵な動物の絵を描いてみてください。

 

シェア・ギブの肖像画をワークブックの中で見たいですか?

ボタンとブラシを図表の左と右に描いてください。

それらをくっつけたら何が現れますか?

”シェア・ギブ”だ!

 

シェア・ギブとコラボは言葉で遊んでいます。

二人の魔法使いの質問に答えるときは、システムは部分で成っているということを忘れないでください。

 

①海、湖、泉、水たまりにはあるけれど、川にはないものってなあに?*2

 

②庭で鳥が遊んでいます。どんな鳥が何羽いますか?

 

③木を切ったら、”り”という字は現れるでしょうか?

 

①答え:”み”の字

②答え:ニワトリが2羽いる。(庭には2羽にわとりがいる)

③答え:現れる。木を切ったら”切り株”ができる。

*2 (翻訳者からの但し書き:) 言葉遊びの説明については、先生用のガイドブックを見てください。.