この記事をシェアしよう!

その昔、福田という苗字の俺様的な男性に
「ファイナルファンタジーを略して何て呼んでる?やっぱエフエフ?」と聞いたところ、
「FFは福田ファンタジーの略だろ」と返されました。

この人、アホだ・・・と心底思った私はいつの間にか自分の苗字も福田になっていたので人生はミラクルです。

 

さて、福田ファンタジーとは、福田の妄想を表す何かなのだろうかという疑問は置いといて、題名の質問に戻りましょう。

すなわち、スクエニはファイナルファンタジーについてどんな略称を公式としているのでしょうか。

 

各種雑誌のインタビューやツイッターのツイートなどを調べるのも良いのですが、ここでは知財ブログらしく、知的財産権絡みで調べてみましょう。

 

「エフエフ」と「ファイファン」でスクエニの登録商標を調べてみます。

 

1999年3月に家庭用テレビゲームおもちゃなどについて「FF」が商標登録出願されています。

 

一方、「ファイファン」についてはそれらしき登録は見当たりません。

sponsored link

 

したがって、スクエニは「エフエフ」を公式な略称と考えているようです。

または、ファイファンも商標登録出願したけれど、特許庁の審査官が「ファイナルファンタジーといったらエフエフだろ。何だよファイファンってww」と思って登録してくれなかったのかもしれません。
審査官が「ファイファン」派だったらどちらの略称も登録されていたかもしれないね・・・?

 

それはともかく、「ファイナルファンタジー」の略称は「FF」であるようです。

 

・・・ということは、スクエニとは関係ない会社が「ファイファン」を「家庭用テレビゲームおもちゃ」
に使用しても商標権の侵害にはならないということです。

他の法律に引っかかってくるかもしれませんが、少なくとも商標権の侵害にはなりません。

 

勇気のある(?)ゲーム会社は、ぜひ「ファイファン」なる題名のゲームを発売してください。
商標も登録できるかもしれませんよ。

 

あと、もしよかったら、「ファイファン」と一緒に「福田ファンタジー」の登録もどうぞ。何の価値もないこと請け合いです。