*この記事は旧ブログ「問題解決中」の記事と同じです。リンクを下さっていた方はこのブログのアドレスに設定し直してくださると助かります。

 

最近メアドを変えたのですが、とあるサイトにメアドを入力してから迷惑メールが届くようになりました。
こんな感じです。

 

From: 督促状 <bsliyckacftq@i.softbank.jp>
Subject: 最終通告書

ECcontents(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サイト)ご登録後、支払い期日及び無料期間終了後も退会せず利用料金を滞納しております。
電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。

つきましては、利用料金及び延滞損害金をお支払頂く様勧告いたします。なおこのままお支払頂けない場合は電子商取引に基づき直ちに

1.ご口座及び給与の差押え
2.所有財産(ご自宅、家財、車)の競売処分
3.ご親族、職場へのご連絡と代理返済の要求

を代理人弁護士を通じて法的手続きによる執行と致します。
このような事態にならないよう貴殿が下記よりECcontentsの正式な退会手続を

《最終期限》
2015年11月21日22時迄

頂く様最終的な通告として本書を送付致します。

■退会手続及びお問い合わせ
http://rwwte85u.t

※通知専用アドレスとなりますので、直接返信しても届きませんので必ず上記よりご確認下さい。

独立行政法人電子商取引支援機構
業務取扱担当 佐々岡

 

まだ家族にすら教えていないメアドに迷惑メールが届いたわけですから、そのサイト(キ◯◯◯という美容院の予約サイト)でメアドを登録してしまったのが原因だといえます。

 

このように、アダルトや出会い系サイトとはほど遠い一見普通に見えるサイトでも、メールアドレスを入力してしまうと迷惑メールが届くようになります。

したがって、メールアドレスは極力入力しないことが迷惑メールの受信を防ぐ一番の方法ということになります。

 

しかし、情報や特典を得るためにはメールアドレスの入力が必要です。
「メールを提示するだけで10%オフ」なんて魅力的ですからね(私はそれで迷惑メールの洗礼を受けたわけですが)。

 

そこで、迷惑メールへの対処法と予防法を考えたいと思います。

 

まず、理想の状態は、「迷惑メールが来ない」ということですが、何かの拍子に届いてしまうこともあります。迷惑メール業者がランダムに入力したメールアドレスがたまたまあなたのメールアドレスだった場合、届いてしまいますから。

 

絶対に迷惑メールが届かない方法など存在しません。
ただし、限りなく0に近づける方法や迷惑メールを受信しても被害を受けない方法ならあります。

 

まず、件名から迷惑メールなのが明らかな場合は、メールを開く前にゴミ箱に捨ててしまうのもいいでしょう。メールを開いただけでウイルスに感染することもありますし。
メールサービスによっては最初からそのようなメールは迷惑メールフィルダに振り分けてくれます。

 

私が効果的と思う方法は、登録するサイトによってメールアドレスを使い分けるという方法です。

 

たとえば、懸賞サイトのような一方的に利益だけを享受出来るようなサイトは怪しいので捨てメールアドレスを使います。
捨てメールアドレスとは、無料で作れるどうでもいいメールアドレスです。
gmailは非常に使い勝手が良いのですが捨てメールアドレスとしても使えます。
複数のgmailアドレスを持つのもいいでしょう。

gmailでも受信拒否設定が出来ます。gmailの場合は迷惑メールを自動で迷惑メールフォルダに入れてくれるので、迷惑メールを読むことはそんなにないと思いますが、うまくフィルタをかいくぐって届く迷惑メールもありますので、そういったメールは手動で対策して下さい。

 

携帯のメアドは極力入力しないようにします。ただし、スマホでなくガラケーを使用している場合には仕方ありません。
念のため、登録したサイト名を覚えておきましょう。

 

アダルトサイトや出会い系サイトなどは迷惑メールの温床なので、メアドを登録すべきではありません。
しかし、どうしても登録したいという人は、それなりに覚悟の上で登録しましょう。

 

後ろめたい気持ちがあると、架空請求に対して強気で挑めません。

 

迷惑メール業者は、「家族や勤め先に知らせる」というような脅迫めいた文を書いてくるのが常套手段ですが、こちらに何もやましいことがないのなら何もビクビクすることはないのですから。

 

反対に、たとえば不倫の出会いサイトなどに登録してしまうと、後ろめたさと配偶者や職場にバレたらやばいという気持ちから、請求に応じてしまいがちです。
そして、一度支払いをすると、立て続けに支払い請求がきます。

 

アシュレイ・マディソンという外国の不倫出会いサイト(実際は女性登録者はほとんどおらず、サクラばかりだった)では、自殺者も出るほどの騒動になりました。不倫相手を探していた本人が悪いんですけどね。

 

したがって、危ないところには近づかないのが一番です。

迷惑メールが届いた場合は、完全無視をしましょう。

 

見に覚えのない請求メールは無視して大丈夫です。心配だったら、消費生活センターや警察に相談してください。

 

「アドレスを変えました」「何で返信してくれないの?」というわりには差出人名が書かれていない怪しいメールには返信しないようにしましょう。
アダルトサイトへ誘導されるだけです。

 

また、これは最も重要なことですが、メール内にあるアドレスを絶対にクリックしないようにしましょう。業者にあなたの個人情報を提供してしまいますし(業者がランダムにメアドを入力してメールを送りつけていた場合、あなたが反応することにより「このメアドは生きている」と知らせることになってしまいます)、業者があなたのアドレスを他の業者に販売し、別の業者からも迷惑メールが大量に届くようになってしまいます。

sponsored link

 

迷惑メールは笑えるほど支離滅裂な文章なのでつい返信したくなりますが、返信をするのはやめましょう。特に上から目線で返信するのはやめましょう。

迷惑メールを送りつけてくる業者のプライドを刺激してしまうと、怒り狂って報復してきます。論理が通じる相手ではないのでただ放っておきましょう。

相手をしている時間が勿体無いと思って下さい。ネタとしては面白いのでつい返信したくはなりますが・・・(ぐぐってみたら返信してしまった人たちがたくさんいますw面白いけど危険なのでやめておきましょうw)。

 

一度迷惑メールを送ってきた相手からのメール受信を拒否するには、面倒ですが、フィルターを使います。

一度迷惑メールが届いたらその送信者のアドレスを迷惑メール送信者として登録します。

 

ただし、なりすましメールというものも存在します。

これは、迷惑メール業者が一定のソフトを使い、送信者の欄にあなたのメールアドレスを入力して自分から届いたかのように錯覚させるメールです。

 

300万円が当選した。あなたの口座へ送ります。というようなおめでとうメールが届くこともあります。

 

10年以上前ですが、私の元に生活に困っているという少女からメールが届いたことがあります。

内容は支離滅裂で、その少女はお金には困っていないが誰かお金を受け取ってくれる人が必要なのであなたの口座番号を教えてほしい、といった内容でした。

当時の私はうぶだったので、内容がおかしいと感じたにもかかわらず、可憐な少女の写真(黒人の可愛らしい少女でした)を見て同情して、「頑張って」と返信してしまいました。

すると、その後「なぜ私のお金を受け取ってくれないのか」といった内容の文面のメールがいろいろな少女の名前で送られてくるようになりました。

さすがにこれは変だと感じたので迷惑メールとして処理したのですが、人間の良心や心の隙をついてくるようなメールもあるので注意が必要です。

 

[拡散希望]「献血を広めよう」「虐待されるペットを救おう」と一見良いことが書いてあるメールが届くこともあります。

これらのチェーンメールは発信者をよく確かめもしないうちに友達へ送らないようにしましょう。
良いことが書いてあっても、実はアダルトサイトへのリンクかもしれません。
知らない人から来た[拡散希望]メールを拡散して被害を広めないようにしましょう。

 

芸能事務所のマネジャーから、芸能人(タレント・モデル・etc…)の話し相手になってほしいという依頼メールが来ることもあります。

 

もちろん詐欺です。
「私、テレビじゃあんな発言ばかりしているけど、本当はシャイで寂しがり屋なの。心を許せる人と話したい・・・」と美人女優からメールが来ても、そのメールを書いている人は美人女優とは何の関係もない人なので騙されてあげるような親切なことはやめておきましょう。面白いので迷惑メール送信業者と友達になるのも一興ですが・・・。

 

佐川急便のような宅配便業者を装った相手からのメールにも注意しましょう。
何か怪しかったら、パソコンで宅配便業者のカスタマーセンターを調べて連絡してみましょう。

 

ちなみに迷惑メールを送りつけている業者は迷惑メール防止条例に違反しているだけでなく、不正競争防止法違反をしていたり、商標権、著作権などを侵害している場合も多々あります。思っていた以上に高額な損害賠償金を支払う可能性もあるので、業者は迷惑メール送信で儲けるのはリスクが大きすぎると考えるべきでしょう。

刑事罰もあり、実名で報道されてしまいますし。

 

[結論]
●少しでも怪しいと思ったらいつも使っているメアドでの登録は控える。

●そもそも後ろめたいことをしない(出会い系サイトなど怪しいサイトを利用していると、あの動画、実は有料だったのかな。これくらい払わないと家族に知られてしまうし・・・と思って払ってしまう)

●普通のサイトで登録した場合にも無料で「クーポン券」や「抽選でプレゼント」が貰える場合は要注意。
(サイト運営者があなたのメアドを販売してしまう)

●携帯電話各社が提供している迷惑メール防止のフィルタリングサービスを利用する。なりすましメールも受信拒否できる。

●返信(反応)しない。

●メールに記載されているアドレスを絶対にクリックしない。
「退会はこちら」などと書かれていてもクリックしない。

●「当選おめでとうございます!」「お金を振り込ませて下さい」というようなメールには反応しない。

●見覚えのない請求メールやチェーンメールなどはメールを開く前にゴミ箱に捨ててしまう。

●脅し文句にひるまない

●チェーンメールを拡散しない

●心配だったら消費生活センターや警察、弁護士に相談する。

最後に、迷惑メールで架空請求やアダルトサイトへ誘導されて支払いを強要される被害者の多くは男性です。

下心を利用してお金をむしり取ろうとするメール業者の罠にはまらないように気をつけてください。

また、SNSで友達申請してくる可愛い女の子は、まず偽物なので男性はくれぐれも注意して下さい。

私はグーグルプラスをしているのですが、フォロワーを集めることが目的でモデルの写真を勝手に利用している人をたまに見かけます。その人たちのプロフィールを見ると、たいてい、出身大学はスタンフォード大学だったり(もちろん嘘)性別が男性だったり(性別は後で変更することは出来ないことから性別だけは本当のことを入力している)名前がイニシャルだけだったりします。
そういったアカウントに対して私はフォロー返しも何もせず放置しているのですが、本人の写真だと思い込んで熱狂的にコメントする男性フォロワーを見ていると哀れになります(^^;
Twitterも似たような感じでしょう。無言フォローしてくる可愛い女の子の写真のアカウントでまともなアカウントは存在しません。

無料クーポンを欲しがる女性も注意すべきですが、男性はより気をつけなければいけません。
「女の子と知り合えたらいいな」というスケベゴコロを利用されてカモにされてしまうのが大半ですから。

ただより高いものはありません。

*ちなみに、私は迷惑メール業者の督促状をブログで公開しているわけですが、私の行為が著作権侵害になる可能性はありません。