ライブハウスでの自身のオリジナル曲の使用を拒まれたため、シンガーソングライターののぶよしじゅんこさんらが損害賠償をJASRACに求める訴訟を東京地裁に起こしたとのニュースを見ました。

 

最初このニュースを目にしたときは、

①のぶよしじゅんこさんが歌っているだけで、作詞作曲している人が別にいるからでは?
②のぶよしじゅんこさんが勘違いして使用料を支払わずに歌おうとしているからでは?

というように考えました。

しかし、記事をよく読んでみると、①に関しては、そもそも作詞作曲したのはのぶよしじゅんこさんであることがわかりました。

また②に関してもきちんと使用料を払うつもりだったようです。

 

では、なぜJASRACが著作権者本人が歌うのを拒んでいるのだろうと思って調べてみたら、このライブハウスはJASRACと裁判中だったファンキー末吉氏が経営しているお店らしいのです。

 

つまり、JASRACに金を払わないライブハウスには(たとえ本人でも)どんな曲の使用許諾も出さないというのがJASRACの言い分のようです。

 

私は、基本的には著作権を管理してくれる団体がいるのは便利なので、JASRACの仕事は大事だと思っています。

sponsored link

ただ、何かを創作するわけでもなく著作権を管理しているだけの団体がここまで権力を持ってしまうのはどうなのだろうと感じています。

 

いくらなんでも行き過ぎですよね・・・。

 

著作権が管理されてさえなければ著作権者本人は自由に歌うことができるのですから。

 

知的財産権というものは財産権なので、「創作者本人が使えない」ということはあって当然です。

 

しかし、特許のような他の知的財産権とは異なり、権利の発生に何らの申請行為も必要としない著作権についてここまで厳しく運用するのはどうなのだろうと思ってしまいます。

 

のぶよしさんもこのように主張しています。

「ライブハウスは音楽家にとっての表現の場であり、店の係争とは無関係」
「正当な理由なく利用許諾を拒むのは著作権管理事業法違反で、憲法が保障した自由に演奏する権利の侵害。自身の著作物すら演奏できない取引関係も不公正だ」

 

著作権は目に見えないものであるため管理が非常に難しいですし、また計測も困難ですが、あまりにも著作権管理が厳格になってしまうのなら、余程有名なミュージシャン以外は著作権が管理されることの恩恵を受けられない可能性もあるので、著作権管理の方法も考え直さなければいけない時期にきているのかもしれないと思いました。