*この記事は旧ブログ「問題解決中」の記事と同じです。リンクを下さっていた方はこのブログのアドレスに設定し直してくださると助かります。

 

衆議院議員 甘利明氏の贈賄ニュースを見て、「今度は政治界か!」とスキャンダルの連続に驚いている小市民の福田です。
2016年は始まったばかりなのに、ベッキーの不倫やらSMAPの解散騒動やらで一年分のニュースは報道されてしまったような印象を持っていましたが、いや、面白いスクープありましたね。

 

というか、これ面白いってコメントすると勘違いされそうなので、興味深いとでも言い直した方がよさそうです。(いや、それさえも適切な言い方ではないか)

 

芸能人のゴシップなら面白いで済むけれど、政治家が賄賂を受け取っていたっていうのは大問題ですね。

 

芸能人のスキャンダルなら、ファンが文句を言えば事実上その人を「消す」こともできるけれど、国会議員の場合は我々の力では辞めさせられませんし・・・。

 

っていうか、悪代官みたいなことしていたのに平気な顔して「仕事は続ける」って言うあたり、甘利氏、さすがですね。

 

甘利氏が金に汚いことは割と知られていたみたいなのですが、我々一般国民にまではその事実は届きません。

 

だからこそ、素のままの政治家を知りたい!と思ってしまいます。

 

ではどうすれば政治家の「ありのままの姿」を知ることが出来るでしょうか。

 

少し前のことになりますが、神奈川県海老名市の市議つるはしますみ氏が、ツイッターで「同性愛者は異常生物」発言をして物議を醸しました。それが炎上してツイートを削除してもおさまらないような事態になりましたが、私はこのツイートを見れてよかったと思っています。

 

というのも、鶴橋ますみ氏が本音を語ってくれたから。
そして、市議にふさわしくないということを我々が知ることができたから。

sponsored link

 

思ってもいないことを発言することなんてできません。
自分にとっての当たり前は当たり前としてついつい表に出てしまいます。

 

とくに短い語数で表現するツイッターでは人間性が出やすいので面白いツイートをたくさんみることができます。

 

また、会社の社長や芸能人など著名人ご本人が描かれているブログはすごく面白いです。

 

内容が面白いというよりも、文字に書かれていないところからいろいろ読み解くことができるからです。

 

どんなに「良い人」をアピールしていても意地悪なところが垣間見えたり、違う意見の人のコメントは無視したり、芸能ブログって面白いですよね!?

 

こんな風に、ブログやツイッターを見れば、議員などを直接知らなくてもその考えや人間性を知ることができます。

 

我々一般人は、自分に関係することに関しては政策に興味を持っているので、頑張っている政治家を応援したいと思うようになります。

 

反対に変なことを言っている政治家の発言は否定的コメント付きリツイートして拡散することもできます。

 

こうして権力を持たない我々もマッチに火を付けたり火元に空気を送るくらいはできます。

そして酸素の量や燃料が十分な量に達すれば大炎上を起こすこともできます。

もちろん素晴らしい理念を持っている人を応援するときにも使える方法です。

 

SNSによって政治も変わっていきそうですね。

 

 

というわけで、政治家の皆さんがツイッターやブログをしてくれれば我々もありのままの姿を見ることができるので、まだやっていない人はぜひ始めてください!

 

ちなみに「俺、自分さえよければいいから」と自分のことをわかっている政治家さんはツイッターをしないほうがいいと思います。

 

隠していてもポロッと本音が出ちゃうことがありますから・・・。

 

ちなみに政治家として出馬予定の人がブログやツイッターをしていてくれると助かります。どんな人なのかよくわかりますから。