特許事務所休日潜入記【知財業界の転職相談】

私は、知財業界を知らない人たちに知財の仕事について正しい知識を啓蒙するために、小規模な座談会をたまに行っています。
理系の方でも弁理士の仕事内容について知らない方はたくさんいらっしゃり、転職に失敗した例はたくさん見てきたからです。
転職エージェントに相談すると、本人の希望よりも転職エージェントの都合が優先されるのでお勧め出来ません(ただし、企業知財部案件は豊富に持っているのでぜひ転職エージェントに相談してみて下さい。)

そんなわけで、バイアスがかからないように転職者を募集している特許事務所さんではなく、わざと転職者を募集していない特許事務所の弁理士さんにお話をお願いしました。

今日は、化学系弁理士さんを囲んで化学系メーカーで研究開発等をしている方たちと座談会を行ってきました。

予定より人数が増えすぎてしまったのでどうしようと悩んでいたら、弁理士さんが「うちの事務所を使ってもいいですよ」とおっしゃってくださったのでお言葉に甘えてお休みにも関わらず特許事務所に来てもらいました。

化学系ということで、皆さん同じような地域の同じようなメーカーご出身でした。
そして、転職相談者の方の会社の先輩がお話を伺った弁理士さんの勤務している特許事務所に勤務されていました。

sponsored link

毎度思いますが、知財業界は狭いです(笑)

特許業界の転職事情だけでなく、弁理士試験についても詳しいお話を伺えて良かったです。

あとで皆さんに感想を尋ねたら、「あの先生が上司だったら仕事が楽しそう!」との意見で一致しました。受験指導の先生でも良さそうです。
私が突然降ってしまった29の2の話にもしっかりと応対してくださいました。

爽やかで真面目で優しくて面白い先生なので良い感想はいただけるだろうとの気持ちでご紹介したのですが想像以上に良い感想をいただけました。
他にも素敵な先生はたくさんいらっしゃるのですが、これだけ皆の心に火を付けられる先生もレアなので、また近いうちにお呼びしたいなと思いました。

まあ、知財業界には変な先生がいないというと嘘になるので、転職の際には変な上司に当たらないように事前に情報はたくさん得ておいた方が絶対にいいです。
かなり有望な方でも悪い上司に当たって潰されてしまい他業界に転職してしまったという例はいくつも見てきましたから。

特許業界未経験でこれから特許業界に入ってこようと思っていらっしゃる方はぜひご相談ください。

中立的な情報をお渡し出来ますしこのように弁理士の先生に会う機会も設けられます。