商標弁理士は売り手市場という話

商標を専門にされているベテランの弁理士さんと少し雑談をしました。
その雑談の中で、実務経験豊富な特許弁理士はどこでもウェルカムだけど商標弁理士の場合はどうなのかという質問をしました。
商標弁理士は特許弁理士に比べて収入が低めだし、難関の弁理士試験に受かったのならば、高額の年収を求めて特許をやりたがる人の方が多いのではないかと思ったからです。

その弁理士さんが仰るには、商標弁理士は、今、売り手市場だそうです。

というのも弁理士試験受験者数の大幅減少に伴い、商標弁理士志望者が減ってしまったにもかかわらず、商標出願件数は増えているからです。

sponsored link

そのため、特許事務所では商標弁理士を求めているところが多いのだとか。

実際にどうなのか真相を確かめようと複数の事務所の所長さんに尋ねてみたところ、本当でした。
「商標弁理士?今人手が足りないから来てほしい!多めに出すよ」とのことでした。

一方、意匠弁理士に関しては今は募集が少なめでした。法改正もありますし、あともう少ししたらたくさん募集がかかりそうです。
特許庁も力を入れていますしね!

 

そんなわけで、商標弁理士(弁理士試験受験生込)さん、または意匠弁理士(弁理士試験受験生込)さん、お問い合わせいただけたら、転職先候補をお知らせいたしますよ〜。