タイムスタンプによる著作権侵害申し立て【YouTubeがより編集しやすくなった!】

YouTubeが、著作権侵害の申し立てについて変更を加えました。

手動での申し立てのやり方:具体的に動画のどの部分が侵害に当たるのか侵害箇所を示してタイムスタンプを提出することが必要となります。

タイムスタンプを提出すると、動画の投稿者にも伝えられます。これにより、著作権侵害動画投稿者はどの部分を編集すればいいのか分かりやすくなります。

一方YouTubeはタイムスタンプの正確さをチェックします。

sponsored link

またYouTubeは、申し立てを受けた場合に動画を編集するツールを改良しました。これにより、タイムスタンプで指定された部分を消音したり、フリーの楽曲に入れ替えたりすることができます。

これは凄いですよね!

YouTubeの対応に、著作権者側、著作権利用者側両者から賞賛の声が上がっています。

上記リンク先を見てもYouTubeの取り組みを評価するコメントだらけです。

 

一部に著作権侵害画像や音楽が使われていたとしても、それを理由に一つの動画全体を全てダメとするのではなく、著作権侵害の問題がないところは公開していこうというYouTubeの考えが見て取れます。

 

今後も改善を図っていくそうですからユーチューバーには有り難いですね!