絵文字ドメイン😸と商標🐶

株式会社インターリンクさんが、絵文字ドメイン専用検索サイトをオープンしました。

このサイトは名前の通り、絵文字が使用できるドメインに特化した検索サービスです。

 

たとえば、😸.toや🍚🍴.tkのようなドメインを取得することが出来ます(お使いのデバイスの機種によっては絵文字が出ないかもしれません)。

 

ただし、ドットコムなどではドメインを取ることが出来ません。使用できるのは、サモア(.ws)、トンガ(.to)、トケラウ(.tk)、ミクロネシア連邦(.fmと.radio.fm)、アルメニア(.radio.am)等の限られたccTLD(国別コードトップレベルドメイン)だけです。

ちょっと残念ですね・・・。

 

さて、ドメインと言えば、すぐに思い浮かぶのが商標です。

せっかくドメインを取れても商標を取得出来なかったら困ったことになりますからね。

(なお、以前もご紹介しましたが、商標とドメインを両方同時に検索できる『ノミネ』というサービスがあります)

 

ところが、ここで疑問が湧きます。

 

絵文字の商標って取れるの?と・・・。

 

たとえば、先程例として挙げた😸(デバイスによっては絵が出ません。すみません)。

sponsored link

こんなありふれた絵を商標登録できるのでしょうか?
いえ、そもそもこの猫、機種によっては違う猫になりますから、各機種によって微妙に違った猫それぞれについて商標登録できるのでしょうか。

 

実は、他者に著作権が存在する著作物でも、商標として選択することはできます。

 

ただ、多くの場合は既に商標登録されているでしょうし、商標登録されていない場合でも、識別力無しとして拒絶されることが多いでしょう。

 

たとえば、Appleなどは絵文字についての扱いが厳しく、App Storeで公開するアプリの審査において、アプリ内のアイコンやアプリの説明に絵文字を使っているアプリを却下しているそうです。(アプリ開発者でいつも審査に通らないなぁという人はこの点もチェック!なお、アプリの文字入力欄でユーザーが絵文字を入力可能になっているのは問題ありません)

 

そんなわけで、絵文字を商標として使いたい場合には、その絵文字が商標登録されていないかをチェックするだけでなく、そもそも、それを商標に採択した場合に何か問題は起こらないのか等考えなければいけません。

そして、それは個別具体的に答えが変わってくるので、商標の専門家である弁理士に依頼するのが一番です。

 

お住いのお近くの特許事務所に依頼すると便利でしょう。

 

または、最近はAIを使った商標出願というものも増えてきているので、cotoboxさんやToreruさん、そして上述したnomyneさんなどに依頼するのも良いでしょう。