この記事をシェアしよう!

*旧ブログの記事なので時期的にあっていません。すみません。

今日はクリスマス。今年はイブが土曜日、クリスマスが日曜日なのでご家庭でクリスマスを過ごされる方が多いのかもしれません(どうでもいいけどクリぼっちという言葉、嫌いです。クリスマスに一人で過ごそうが恋人といようが別にどうでもいいじゃんって思うのですが・・・)。

 

福田家では、私がサンタさんになり、早いうちからプレゼントを用意していたので、今朝は子供たちの笑顔を見ることができて幸せです(*^^*)

 

さて、クリスマスといえば、日本ではクリスマスケーキを食べますが、ケーキに使うメレンゲを作るときにもTrizを活用しているなあと思いました。

 

どういうことかというと、卵の卵白と黄味を分けて卵白だけ砂糖やレモン汁と混ぜて泡立てるわけですが、この泡立てるという作業がかなり大変なのです。
お手伝い大好きな子供たちも疲れてギブアップします。ハンドミキサーを使えば楽になりますがそれでも結構時間がかかります。

sponsored link

 

この「卵白を泡立てる」という作業を楽にするためには、一度卵白を「冷凍庫で凍らせる」と効果的です。

粘りのある卵白が凍ることにより粘りがなくなるので、楽に均一にできるわけです。
パラメータ変更原理ですね。

 

私は過去の問題解決でも何度か言及しているように、凍らせるという問題解決方法が大好きです。
だって、無駄なコストがかからず、効果は抜群ですからね!

 

極寒の地ロシアでは「凍らせる」ということは家の外に物を置いておけば良かったので、日常的に活用されていた方法だと思います。

 

卵白を凍らせておくと、お菓子作りの他にもエビのフリッターを作るときなんかにも大活躍してくれます。

長女は卵白とエビの組み合わせが大好きなので、黄味が余ってしまい気味。

黄味の大量消費のためにプリン等お菓子でもたくさん作るとしますか・・・。ああ、冬休みは大変・・・(^^;