花とゆめ「ロマンスとバトル」が種村有菜の絵柄に似ていて炎上した件について

花とゆめに読み切りで掲載された「ロマンスとバトル」が種村有菜氏の絵柄に似ているとして花とゆめ編集部が謝罪をしました。

これに対し、SNS上では、
「編集部が誘導して絵柄を似せるなんてサイテー」
「パクった漫画家の方が絵がうまいじゃん」
「パクった漫画家も被害者だよな」

と様々な意見が飛び交い、炎上しました。
そして、花とゆめ電子版では当該読み切り作品の掲載が中止されました。

 

この問題についての私の見解を述べたいと思います(正解でも無ければこう考えなければいけないわけでもありません)。

 

絵柄と著作権

まず、絵柄を似せることは著作権法的にどうなのかという疑問があると思います。

これについては過去記事で書いています。
絵柄と著作権

 

基本的に「絵柄」を真似しただけでは著作権の侵害とはなりませんが、編集部が種村氏の作品を当該漫画家に渡して「これに似せて書いてくれ」と注文をつけ、漫画家がそっくりに描いた場合には複製権、翻案権、同一性保持権の侵害となる可能性があります。

SNS上にアップされている絵を見ると、種村氏の絵にそっくりな絵を描いた漫画家さんは、元々の絵柄はかなり違います。
このことから、種村氏の絵を見ながら(トレースはしないまでも)女の子の絵を描いたのだろうということは容易に想像できます。

 

つまり、今回の事件は、

花とゆめ編集部が著作権侵害になる危険性を認識しておらず原作者に許可を貰わず勝手に他の漫画家に原作者をdisる形で参考にさせてしまった

のが炎上の原因だったろうと思われます。

 

許可をもらっていればこんな炎上を起こすことはなかったと思います。

しかし、おそらくお願いしても許可はもらえなかったでしょう。だって、自分の絵柄を馬鹿にされているのですから。

許可がもらえないことが分かっていたからこそ編集部は独断でこのようなことをしてしまったのだと思います。

 

これが同人誌だったら、「面白い作品」で済んだと思います。

 

しかし、商業誌という人の目の厳しい場に作品が公開されてしまった。

 

・・・これは編集部の英断(と思われた行為)によって生み出された悲劇だと思います。

 

何より、種村氏には大ファンがたくさんついていました。

sponsored link

ファンにとって種村氏の絵は自分の命です。
その自分の推しを馬鹿にされたら嫌だろうということはオタクなら誰にでも分かるでしょう。

 

ガラスの仮面のなど80年代の絵柄は「ギャグ漫画」によく使われていますよね。
あの絵でシリアスはもう受け付けないよというのが主流です(読めば絶対に引き込まれるので私はガラスの仮面一推しです。なお、マサルさん辺りからこの流れが出てきたのかな?と思う元ジャンプ読者)。
少年漫画でいえば車田正美氏も古い絵柄に該当するでしょう。

シリアスな作品ほど茶化したくなるのが人の性かもしれません。

北斗の拳なんてパロディしたくなりますよね。

まあ、北斗の拳は公式がパロディをやっているから良いとしてパロディを公式が認めていない作品において勝手に馬鹿にしてパロディをするのはあんまり好きではありません。

板垣恵介先生の絵柄は古いとか新しいを超えて板垣しいとしか言えないし刃牙ラブなのでみんな、たくさんパロディしてくれ!という気持ちなのですが(自分でも何を言っているのかわからない)。

 

要するに、著作権って、財産権の他に人格権も守っていて、原作者が嫌だということは止めてくれよ!ということが出来る権利なんですよね。

そうであるならば、原作者をdisることは止めてほしい。
そう思うのが原作者とファンの気持ちだと思います。

 

特に種村氏は現役の人気漫画家さんです。
絵柄を馬鹿にするには少々早すぎました。

 

画力とか絵柄ってすごくセンシティブなことで、プロなら言われても仕方ないけれど、かなり応えることなんですよね。
であるならば、少なくとも現役漫画家さんのプライドを砕くようなギャグマンガやパロディは行き過ぎなんじゃないのかということですね。

 

たとえば、進撃の巨人とかキングダムは超面白いけど絵が好みじゃないという人はいるじゃないですか。

一度読み始めれば絶対にハマってしまうと思うのですが、絵が気になって読めない、と。

そういうときに画力の無さを批判をするのもいいけれど、批判するよりは素人が同人誌で本家を超える画力を以て二次創作(二次的著作物の創作)をするのも良いと思うのです。

 

どうせパロディするなら、冷笑するんじゃなくて、普通に笑える作品の方が良いですよね。

 

それと、出版社さんや編集部さんは著作権法はかなり深いレベルまで勉強しておいたほうがいいです。

リンク先の私のサイトでは無料で公開しているから読んで下さい。

著作権法、大事ですよ。