熊本県のメールマガジン「気になる!くまもと」が今日、不正アクセス被害にあったようです。

メールアドレス1万2千件分の年齢・性別・居住する都道府県などの個人情報が流出したとか。特にプレゼント企画に応募した人は、名前も住所も特定されてしまったわけですから怖いですね・・・。

応募していた人は要注意です。

 

ところで、くまモンのイラストの利用は熊本県内の企業のみに許されていましたが、今年から海外企業にも解禁されるようになったようですね。一番最初にこのニュースを見たときに、「どこで儲けを出すんだ!?」と気になってしまいました。

 

既に相当の知名度、ブランド力があるくまモンを事前に審査の上、無料で海外企業にも使用許諾すると確かに不正利用は減るな・・・
それにしても熊本を飛び出して海外レベルで無料使用許諾だなんて、太っ腹すぎる!

 

・・・と思いましたが、熊本県のHPを見たら、海外企業は費用負担と書かれていたので納得しました。

 

そりゃそうよね。

 

 

ちなみに商品の小売価格の5~7%の利用料を熊本県に支払うようです。

sponsored link

熊本県内の企業が海外へ輸出する際に支払う利用料は3〜5%ということですので、県内の企業には優遇措置がとられていますね。

 

しかし、小売価格の5~7%程度の利用料を支払えば、「正規品」として販売できるのなら、無許諾利用は減るでしょう。

 

しかし、同時に熊本県内の企業と手を組もうなんて思う海外企業もいなくなってしまうでしょう・・・。

 

悩ましいところですね。

 

ですが、不正利用への対策を強化し、くまモンのブランド価値を上げるためには避けては通れない痛みといえるでしょう。

 

 

ところで、アニメも制作するそうですね。

 

アニメが先にあったミッキーマウス等に比べ、後からアニメを作るのって、消費者の中に「くまモンはこう!」というイメージが出来上がっている分難しそうです。

 

アニメがブランディングに与える影響は計り知れないので、ぜひ素敵な作品に仕上げてほしいです。

 

というか、声優が吉本新喜劇だと熊本じゃなくて大阪もんやん!!

 

いろいろと気になりすぎるよ!くまもと!!