この記事をシェアしよう!

*旧ブログの記事です。
二児の母福田です。(現在は3児の母です)
年末から年始にかけて家族で旅行をしてきました。

 

そのときに思ったのが、「観光地は駐車場料金が高すぎる」ということでした。有名観光地付近を車で回ったのですが、ほんの少し自動車を止めるだけで1000円以上お金を取られてしまいます。

 

観光地を何か所も回っていると駐車場料金だけで相当の出費になります。
高速料金やガソリン代なども考えると、自家用車やレンタカーで観光地へ行くのは避けようという気になってきます。

 

しかも高い駐車料金と拝観料を払ってお寺に参拝してみてもたいして面白くなかったり・・・。
子供はお寺を見て喜んだのは階段の段差くらいでした。

だからリピートしようと思いません。

 

有名な観光地だから、有名なお寺だから、という理由だけではリピーターがついてくれません。

 

では、どのような場所ならまた行こうと思うでしょうか。

 

私だったら、「印象に残る楽しい経験ができた」場合、また同じ場所に行きたいなと思います。

 

すると、スキーやサーフィン、バーベキューなど何らかの活動をする場所に限られてきます。

美術館なら飾ってあるものが変わるので何年か後にまた行こうと思いますが、お寺などは見るだけなので一回行ったらもういいや、と思ってしまいます。

 

ただし、写経や瞑想など何らかの体験学習などがあると変わってきます。
もちろん質の高さも需要ですが。

 

何にもない場所でもまた行きたいと思う場合があります。

たとえば、昔福島に行ったときに、空に輝く星の美しさに感動してまた来たい!と思ったものです。
一緒に行った人も良かったのでしょう。
何にもないところでも、何にもないからこそ好きな人と一緒に素敵な時間を過ごせました。

 

こうした観光客の気持ちはなかなか知ることが出来ませんが、知ることが出来ればそこを前面に押し出してアピールすることができます。

 

アンケートなどで意見を聞くほかにも、今はSNSなどで気楽につぶやいている人が多いので、自分のところの噂話を調べて改善に繋げても良いでしょう。

sponsored link

意外なことを喜んでいる観光客もいるでしょうから。
反対にプラスだと思っていたのに不評なこともあるでしょう。

 

さて、今回旅行をして強く感じたのは、「車で旅行をすることの不便さ」でした。

 

同じ場所に旅行に行くとしたら絶対に車で行くことはないでしょう。

 

では、何で行くか。
残るは電車くらいしか選択肢はありませんが、現地についてからは観光タクシーを利用してみたいと思います。

その地に詳しい人に「2回目なんですけど穴場はありませんか?」と聞いて「それじゃあ、どこどこがいいよ。行ったことある?」という感じでオーダーメイド観光をしてくれると楽しめると思います。

 

特に今から3年以内に自動運転車はかなり普及しているでしょうから、無人の観光タクシーを利用することになるでしょう。
観光タクシーだとハイヤー料金が高額になりますが、乗り捨ての無人タクシーなら乗り捨てなので格安です。

タクシーに広告を搭載すれば、旅行者はさらに格安または無料で利用できるようになるでしょう。

 

または、既に目当ての場所がある人はカーシェアリングで乗り捨てしながら観光地を巡っているかもしれません。

そのためには、大規模なカーシェアリングのサービスが普及している必要があります。
まずは地域限定でも乗り捨て可能なレンタカーがあるとよいでしょう。

 

高すぎる駐車場利用者は減るでしょうから、駐車場は自動運転車の待機所など別の姿に変貌を遂げているでしょう。

 

誰もが無料自動運転タクシーを利用することになると、広告を載せているお店にばかり人が向かうことになるでしょうから、広告を出せないお店は「立地」と「外観」にこだわって「あ、そこで止まって!あのお店に寄ってみたい!」と思わせるアナログな努力が必要かもしれません。

 

面白い写真が撮れるサービスや荷物を保管・運ぶサービスを充実させるのも良いでしょう。

 

というわけで今回の結論:

駐車料金高すぎるんじゃ!!(笑)

15年後には世界中どこでも無料で行けるようになっているかもしれませんね。