人狼ゲームという人気ゲームジャンルが存在します。

 

私は、その昔、クライアントさんから特許について相談を受けて、そのときに初めて人狼というものを知ったのですが、いろいろ調べていたら、特許よりも商標関連でトラブルになりそうだということに気づきました。

 

そこで、付けるとまずそうなゲームの題名についてリスト化し、「アプリをリリースするときにはこれらの商標は使わないようにしてください。念のため、ゲームの題名を付ける前に教えてください」と伝えておきました。

 

その後、一度人狼というジャンルと関わりを持ったこともあり、人狼ゲームが新しくリリースされたりする度に気になってチェックしていました。

 

ここ最近で気になっていたのは『ワンナイトルール』という商標を出願したTake Tale Tableさんの動向です。

 

すでに『ワンナイト人狼』というゲームが存在するので、パクリではないかと勘違いされてしまいそうだなとヒヤヒヤしていました。

sponsored link

 

結果として、商標登録出願を取り下げるべきかどうかというアンケートを行い、圧倒的多数により取り下げるべきという声が上回ったので、同社は商標登録出願を取り下げました。

 

商標登録出願料と代理人費用を無駄にしただけでなく、会社の評判まで落としてしまいました。

 

せっかく魅力的なゲームを出しているのに、勿体無い・・・。

 

TTTさんから相談を受けていたら、私なら絶対に商標なんて取っちゃだめ!と言ってあげることができたのに・・・。

 

ゲームの質が優れているだけに、ただただ、勿体無いと思いました。

 

 

人狼に限らず、これから新しいゲームを開発したり新しい事業に取り組む方は、ぜひご相談ください。

 

単に特許を取る、商標を取るという視点からではなく、ブランディング上有効な手段か、儲けに繋がるのかといった視点からアドバイスをさせていただきます。