*この記事は旧ブログ「問題解決中」の記事と同じです。実際に描かれたのは2年ほど前です。

久しぶりに見た途端一目ぼれして欲しくなってしまった家電があります。その名は「蚊取空清」。

 

名前の通り、蚊取り技術+空気清浄機の家電です。
人体やペットの安全性を重視するユーザーニーズに応えた素敵な商品ですね。

ネーミングはシンプルだけどわかりやすくていいですね。

 

 
*2019年2月追記:値段は当時の半額くらいにまで下がっているのでお手頃です。
なお、アース製薬さんからも似た商品が発売されました。(下記参照)

 
指定商品の一つに「家庭用電気蚊取り機能付き空気清浄機」と記載されていました。

日本初の指定商品ですよね(笑)来年以降は他社からも「家庭用電気蚊取り機能付き空気清浄機」がたくさん販売されることになるでしょう。

 

しかし商標よりも特記すべき点はその技術です。

 

夏の蚊は鬱陶しいし刺された跡が残ると恥ずかしいので蚊に悩まされる人はたくさんいます。

sponsored link

そんな時、今までは蚊取り線香を使ったり電気式の殺虫剤、または虫よけスプレーを使ってきました。

でも、子供がいる家庭ではなるべく殺虫剤は使いたくない。

でも子供から蚊に刺されてしまうので使わないわけにはいかない。

そんなジレンマがあります。

 

それを解決してくれるのがこの製品です。

蚊の修正を利用して呼び寄せて吸着紙にくっつけて退治します。

「殺虫剤を使わずに蚊を駆逐する」という矛盾に見える問題を解決してしまいました。

惚れてしまうっ(。>ω<。)

なんというイノベーションなのでしょう!

 

この夏ダントツで欲しいアイテムです。

ロボホンは可愛いけど実用的ではないな~と思っていたけど、これはめっちゃほしい!

 

お値段はちょっと高いけど一年で使えなくなるわけじゃないし、今までの蚊を退治するグッズは頼りないので買ってしまいそうです♪

 
2019年2月21日追記:アース製薬さんが「蚊がホイホイ」という商品を昨日発売したようです。
東京理科大学 藤嶋昭栄誉教授が開発した、強い酸化力を持つ光触媒技術に着目し、蚊を誘引する二酸化炭素発生の効率を上げたとのことです。

 誘引された蚊は、高速回転するファンによって装置に吸い込まれ、捕虫ボックスに入り、さらに乾燥状態に置かれることで生存できなくなるとか。